肝臓に良い食べ物・悪い食べ物

肝臓に良い食べ物

肝臓は体内の臓器の中でも重要な働きを担っていて、
栄養素を貯蔵したりエネルギーを作り出すとともに解毒機能もあります。

具体的には酒などによってアルコールを摂取した時に肝臓で分解することになるのです。

そのため、肝臓の機能が低下したり不全状態に陥ると健康を維持することができなくなるので、
常日頃から肝臓に良い食べ物を摂取していくことが大切です。

肝臓に良い栄養成分とともに、その食材を挙げ簡単な料理を紹介していきます。

まずサプリメントなどにもあるのがタウリンで、摂取することによって肝臓で作られる胆汁の量が増えてコレステロール値を下げたり、
アルコールの分解機能を高めたりすることができます。

タウリンは栄養ドリンクなどにも入っていますが、食材ではカキやシジミといった貝類や魚介類に含まれていますので、
アルコールの摂取のしすぎで二日酔いの場合はシジミの味噌汁を飲んだり、オイスターソースを使った料理が適しています。

次に抗酸化物質を含んだ食材を摂取することで、活性酸素の量を減らして肝臓の健康を守ることができます。

抗酸化物質はフルーツや緑黄色野菜に含まれているので、野菜をバーニャカウダやオリーブオイルでサラダにして食べると良いです。

肝臓に悪い食べ物

肝臓は静かに働く臓器と言われ、体にとって重要な働きをしています。

主に、体の中でエネルギーを作り出し貯蔵する、胆汁を作り出し血液中のコレステロール濃度を調整する、
体内の有害物の処理を行う、この位でしょうか。

どれも体にとっては重要だということがお分かりかと思います。

これ程に日夜働き続ける肝臓にとって、臓器を休める機会が少ないのです。なので、出来るだけ負担を軽くするべきでしょう。

今のサラリーマンの約25%は肝臓病候補と言われています。

改善するのは出来るだけ早い方がいいかと思います。

睡眠不足や運動のしすぎは更に負担をかけ、運動不足は肝機能低下を招くだけなので、まず生活習慣の見直しが必要でしょう。

また、肝臓に悪い食べ物の摂取も出来るだけ控えるといいかと思います。

全く食べないのではなく、量を控えればいいのです。

それ位なら、出来ることもあるでしょう。まず、アルコール類です。

「飲みすぎは肝硬変の元」と良く言いますね。

刺激の強い食物、味の濃いもの、脂っこいもの、甘いもの、食品添加物も入ります。

まあ、基本は食べすぎ注意と言えるでしょう。

肝臓が働きすぎて疲れると、機能が落ちてきます。

そうすると、全身が疲れた状態になり、負のスパイラルが始まるのです。

そうならない為にも肝臓を労り、自身の生活習慣を見直してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です