肝臓・肝機能改善に良い食べ物

肝臓としじみ効果について

お酒を飲むことが多いという人は、肝臓をいたわることを心がけましょう。

お酒に弱い人や多く飲まなければならないという時には、ウコンを利用することがあります。

テレビコマーシャルでも紹介されているように、当たり前のようにウコンを飲んでいる人も多いです。

しかし肝臓には昔から良いとされているしじみもあるのです。

しじみといえばお味噌汁で飲むことが多いと思います。

毎日のようにお酒を飲む人でも、いくら肝臓に良いといわれても毎日しじみの味噌汁を飲むことは難しいことでしょう。

そういった人はサプリメントを利用するといいでしょう。

肝臓に良いとされている成分がしじみに多く含まれています。

その成分はオルニチンというもので、肝臓の解毒効果があり二日酔いなどを防ぐことができます。

毎日のようにお酒を飲む人やたくさん飲まれる人はしじみの効果を利用してみるといいでしょう。

オルニチンにはほかにも、疲労を回復する効果があります。

オルニチンサイクルといわれるもので疲労回復効果があることが証明されています。

お酒を飲む人も飲まない人にもとてもいいものです。

健康には多くの人が関心を寄せています。

毎日の食事が基本です。

その補助としてサプリメントを利用しましょう。

肝臓とオルニチンの効果について

オルニチンとは、もともと私たちの体の中に備わっているものです。

アミノ酸の一種で、血液に溶け込んだ状態で体内を巡ります。

オルニチンの働きとしては、疲労回復効果と肝臓の働きを良くします。

また、二日酔い解消効果もあります。オルニチンは、食品の中ではシジミにずば抜けて含まれています。

他にもキハダマグロやチーズ、ヒラメやパンなどにも微量に含まれており、日常口にするものから僅かながら摂取しています。

そして腸で吸収され、肝臓や腎臓・筋肉などに運ばれます。

肝臓では有害物質であるアンモニアの解毒を行うなど、重要な役割を担っています。

最近の疲労の原因は肝機能の低下によるものが多く、
この解毒作用によりスムーズなエネルギー生成を促進し、疲労の蓄積を未然に防ぎます。

そして、アルコールの過剰摂取による二日酔いにも効果があります。

肝臓で分解するはずの、アルコール内の成分アセルアルデヒドが大量に残ってしまった時には、
オルニチンがアセルアルデヒドを解毒し肝臓を守ります。

そのため、飲酒後にシジミ汁を食べるのは理にかなっていると言えます。

オルニチンは食品からも摂取できますが、より手軽に体内に取り入れるためには、しじみエキスを濃縮したサプリメントをおすすめします。

肝臓とセサミンの効果について

セサミンは主に肝臓の機能を向上させる働きを持った成分ですが、
アンチエイジングや動脈硬化の予防などにも有効であるとされています。

この臓器には老化の原因である活性酸素を除去するという抗酸化作用があり、
活性酸素を減らすためにSODという特殊な酵素が作られます。

しかし、このSODの生成量は年齢を重ねるごとに減少してしまうため、
サプリメントや健康食品などを利用してセサミンを摂取するようにしましょう。

生物がエネルギーを生み出す課程でできるものが活性酸素なのですが、
全ての活性酸素を体内で分解することができないという場合は、がんや肌の老化などの原因となってしまいます。

セサミンの抗酸化作用は、活性酸素が増えすぎてしまったことが原因で起こる肝臓の酸化を防ぐことが可能であるとされ、
それにより老化を食い止める効果があると言われてるのです。

ちなみに、セサミン以外のほとんどの抗酸化物質は肝臓にたどり着く前に力を失ってしまうため、ほとんどその効果を期待することはできません。

しかし、セサミンは肝臓で初めて効果を発揮する物質であり、
血液中や細胞などで力を使うことはなく、しっかりと肝臓で効果を発揮してくれるのが特徴です。

こちらが参考になると思います。
http://health.suntory.co.jp/rouka/03/

肝臓とウコンの関係

ウコンは2~3か月間服用することで、健康面に対する効果を実感することができる成分となっています。

ただし、ウコンは過剰摂取による副作用が出やすい成分となるため、
摂取量には十分に注意して適切な量を摂取する必要があります。

薬を服用している場合や治療中の場合は、摂取して問題ないかについて必ず医師に確認する必要があります。

ウコンにはクルクミンという有効成分が含まれており、
この成分により活性酸素を消して抗酸化酵素のグルオチンペルオキシターゼやカタラーゼを活性化する作用を期待できます。

結果として、動脈硬化を予防する働きも期待することが可能です。

お酒を飲む前にウコンを飲むと肝臓を守り、二日酔いを予防して悪酔いしないとCMなどからイメージする人が多くいますが、
現段階では動物実験レベルの成果しかないため、人で効果が出るのかはこれから検証するものとなっています。

しかしながら、お酒を飲む前にウコン飲料を飲むことで二日酔いが軽減するという人はいるため、
過剰摂取を行わないよう気を付けて自己責任で利用することで効果を得ることは可能です。

摂取量に気を付ければ副作用を不安に思うことはないので、健康面を考えるなら利用をお勧めできる成分となっています。

最近の意見でウコンを摂取することで逆に肝臓が悪くなるという意見もあります。
これはウコンに含まれる鉄分が関係しているとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です