頭皮の臭いの原因と対策

現在の日本では、大多数の方が「毎日髪を洗っている」といわれます。
しかし毎日洗髪しているのに「頭が臭い」と感じたら、頭皮になんらかの異常が起きているかもしれません。

頭皮の臭い、原因は?

汗・汚れは臭いのもと

頭皮の臭いの大きな原因は、皮脂の酸化によると言われています。
分泌された皮脂は時間の経過によって酸化し、臭気を発するとされます。

洗髪から一日経って頭皮が少し臭うというのは、当然と言えるでしょう。

しかし、それほど時間が経っていないのに臭ってくるとなると、他にも理由があるかもしれません。

皮脂の分泌過剰

皮脂の量が増えるということは、酸化する皮脂も増えるということです。
臭いのもとが多くなれば、臭いもそれだけ強く大きくなるでしょう。

皮脂の酸化・分解には、常在菌が関わっているとされます。

人間の皮膚には、皮脂を栄養とする常在菌が棲んでいます。
それらの菌も、養分が増えれば必要以上に増殖してしまうのです。

常在菌は、健康な皮膚であれば良い効果をもたらす菌がほとんどとされます。

しかし、増殖して余分な皮脂をどんどん分解すると、炎症や悪臭の原因となる物質もどんどん生成してしまうわけです。

「ノネナール」って?

一般に「加齢臭」といわれる加齢による臭いは、脂肪酸の一種が酸化・常在菌によって分解されることで発生するとされます。

ノネナールと呼ばれるこの物質は、もちろん頭皮でも生成されます。

頭皮には皮脂腺が多く存在するためノネナールが大量に発生しやすく、臭いを発しやすいということになります。

「加齢臭で頭が臭い」という認識が広まるのも、当然のことというわけです。

頭皮・その他の疾患

本来、汗や皮脂は無臭ですが、雑菌の分解作用によって悪臭となる物質を生成します。
頭皮のトラブルにより皮脂が過剰になる場合も、菌によって臭いが発生します。
頭皮に炎症や湿疹などがある場合、その部分が臭うこともあるようです。

また汗は血液が濾過された水分であるため、糖尿病の場合は甘い・甘酸っぱい臭いがしたり、肝機能の低下でアンモニア臭がしたりします。

ただこの場合は頭皮だけでなく、体の他の部分からも臭いを発するようです。

頭皮の臭い、どう抑える?

洗髪剤の選び方

頭皮の臭いを抑えるために、香料の入ったシャンプー類を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

しかし、洗髪剤の匂いでは、頭皮の匂いを根本的には抑えられないようです。

頭皮とシャンプーの匂いが混じって、余計にひどい匂いになってしまう場合もあると言われます。

頭皮のトラブルが原因であれば、その改善が期待できる洗髪剤を選ぶと良いでしょう。

○皮膚に過剰な刺激を与えない
○保湿や乾燥を防ぐ効果が期待できる
○自分の肌に合う

まずはこのような洗髪剤を選ぶことも大切かもしれません。

また、皮脂腺から分泌される「アンドロステノン」という臭いの元になる物質は、男性の6割が認識できないと言われます。
しかし、女性はより多くの割合で「不快な臭い」と認識するそうです。

臭いが気になる場合は、男女それぞれ専用の洗髪剤を使うという選択もあるようです。

生活習慣の改善

皮質は、脂分の多い食事を摂ることでより多く発生するといわれます。

特に動物性の油脂や、植物性でも飽和脂肪酸を含む油は皮脂の分泌を促進するとされます。

また、ストレスや過労なども頭皮に悪影響を与える可能性があるようです。

他に、過度のアルコール摂取は、加齢臭の原因とも言われる「ノネナール」と同じアルデヒド類であるため、ノネナールの原料となるとも言われます。

まずは暴飲暴食を避け、規則正しい生活を心がけることで頭皮を健康に保てば、臭いを抑える効果も期待できるようです。