頭皮の臭いのは加齢臭?

その頭皮の臭い、「加齢臭」?

単なる汗臭さとは違い、年齢とともに知らず知らず発生する臭い。
早い人では三十代から、「頭が臭う」「枕が臭い」などといった症状が出ることもあるようです。
男性に限らず、女性でも加齢によって頭皮が臭うことはあるとされます。
気になる臭いの原因と、その対策をあげていきたいと思います。

頭皮の加齢臭、原因は?

加齢臭の大半が、頭皮から出る臭いとされています。

頭皮は皮脂腺の多い箇所ですが、この皮脂腺から分泌される皮脂の一種が、分解によって「加齢臭の臭い」の元となります。

年齢を重ねると、皮脂の成分のひとつ「9-ヘキサデセン酸」が増えていきます。

この物質が分解されて、加齢臭の大きな原因とされる「ノネナール」になるため、皮脂の多い頭皮から、強く臭ってしまうとされるのです。

「加齢臭」と「ミドル脂臭」

加齢臭はノネナールという成分が原因とされており、多くは40?50代から発生するといわれます。

資生堂が1999年に発見し、同社の命名による「加齢臭」という言葉は、現在では一般に浸透していると言えます。

「加齢臭」に効果があるとされる製品も、シャンプーやボディーソープなど、いろいろなものが市販されているようです。

ところが、2013年にマンダムによって、加齢臭とは異なる30?40代の男性特有の体臭があると発表されました。
それが「ミドル脂臭」です。

皮脂ではなく汗の中の乳酸を常在菌が分解し、ジアセチルという物質を生成します。
そのジアセチルが皮脂中の中鎖脂肪酸と結合して、不快な臭いを作るといわれます。

ミドル脂臭が多く発生するとされるのは、頭頂部と後頭部、首の後ろだそうです。

ミドル脂臭の臭いは、特に女性にとっては加齢臭よりも「不快」に感じる、という報告もあるようです。

「オヤジ臭」などと呼ばれることもありますが、女性でも発生する場合があるといわれます。

加齢による頭皮の臭い、どうすれば抑えられる?

シャンプー選びと洗髪法

加齢臭とミドル脂臭では、原因となる物質が異なります。
したがって、臭いを抑える成分も違ってくるということになります。

加齢臭対策にはタンニンやハーブ、ミドル脂臭対策にはフラボノイドが効果的とする洗髪剤などもあります。
また、どちらにも効果が期待できるとしている製品もあるようです。

洗髪剤を選ぶ場合は、毎日のケアに使うものなので、個人の体質に合うものを選ぶと良いでしょう。

ミドル脂臭と加齢臭の違いの一つは、臭いの発生しやすい部分です。

同じ頭部でも、加齢臭が頭皮全体であるのに対し、ミドル脂臭は盗聴・後頭部に集中するといわれます。

気になる箇所を丁寧に、しっかりと皮脂を落とすように洗い、適度な清潔を保つことが第一かもしれません。

日常生活の注意点

食事内容に気をつける

加齢臭もミドル脂臭も、肉や油の多い食事などに注意した方が良いとされます。

食事の際、肉類を減らして野菜や海藻などの一品を加えるのも有効かもしれません。
外食でも肉よりは魚、揚げ物よりは焼いたり茹でたりといった調理法のものを選ぶことはできると思います。

また、アルコール類の多飲や喫煙なども、体臭を抑えたい場合は控えたほうが良いようです。

ストレス・疲労を溜めない

適度な運動は、ミドル脂臭にも加齢臭にも効果があると言われます。

加齢臭の場合は、過剰な皮脂の分泌で悪化の一因とされています。
ミドル脂臭の原因にも皮脂が関わっており、加えてこちらは乳酸と汗も関係しています。

どちらも、「ウォーキングやストレッチといった軽めの有酸素運動が改善には効果的」という意見が多いようです。

また適度に体を動かすことは、ストレスや疲労の軽減につながるといわれます。

ストレスや疲労は、免疫力の低下を招くなど体調や皮膚環境に良い影響を与えないとされます。
溜め込まずに上手に発散する方法として、軽い運動を始めるのはいかがでしょう。

その他、シャワーだけでなくゆっくり湯船に浸かることなども、ストレスを減少させ疲労を回復するのに効果があるといわれます。